ニキビ・ニキビ跡・毛穴開き

ニキビをゼロにしたい人必読!私が実際に行った生活面改善 

鏡をみてニキビができているとその日一日憂鬱になりませんか?だからこそ、あれこれ治そうと試行錯誤しながら色々試す日々。

綺麗な肌の人をみると、正直とても羨ましく思ったり、、。私も毎日その日々を送っていました。

ニキビをなくすためには、外側からのスキンケアも大事だけど、内側からの生活改善や肌にとって良い事と悪い事を知ることで全然違います。

食事や生活習慣を見直して、繰り返すニキビとさよならしましょう!

今回は、私が実際に行った生活面を気を付けることでニキビができなくなった(特に、フェイスラインやあごニキビ。いわゆる大人ニキビ)方法を紹介していきます。

結論から言うと、下記のことを改善しました。

生活面で改善した点

①食生活の改善

②十分な睡眠と良質な睡眠

③石油系界面活性剤やシリコン入りのシャンプーの禁止

④枕カバーを1週間に2回変える

⑤鏡で頻繁にニキビをみない

生活面 改善点を解説

①食生活の改善

最初にお伝えしたのが、理想のキレイな肌をつくり、維持するためにはバランスの良い食生活が理想です。肉・魚・野菜をきちんと3食とることがとても大事です!!

ニキビに良い食べ物を食べたからと言ってすぐに効果はでません。毎日継続することで、少しずつニキビができにくい肌になっていきます。

ニキビに悪い食べ物:お菓子、肉類、乳脂肪分食べ過ぎ

これらをよく食べる人は、脂質や糖質を摂り過ぎになってしまい、皮脂の分泌が過剰になり過ぎて、ニキビができやすい肌になるのです。

ヨーグルトはニキビと良いと思い食べてましたが、乳脂肪分を含んでいるんです!!腸内環境を良くしますが、食べすぎには禁物です!

肉類、納豆、豆腐などはタンパク質が豊富でニキビには良いともいわれますが、脂っぽい肉料理はダメです。蒸したり茹でたりするのが良いと思います!

ニキビに良い食べ物:肉類や魚、ビタミン・食物繊維を含む食べ物、コラーゲン

私は、特に魚料理を取り入れるようになりました。肉類とは異なり、「オメガ3脂肪酸」は健康に良いと言われています。

緑黄色野菜を意識しています。「ビタミンA」を多く含んでおり、肌を再生したり、皮膚や粘膜を強くし、丈夫な肌を作ってくれるのです。

ビタミンAは油ものとの相性がバツグンです!
一緒にとることで、栄養素の吸収を高めてくれます

しかし、脂分を食べ過ぎると皮脂の過剰分泌につながるので注意!!

ビタミンCは、主に淡色野菜や、フルーツに含まれています。ビタミンCが肌を綺麗にするにはいいって聞きますよね。

私は、パフリカやかぼすを食べています。以前は毎日夕食後にフルーツを食べていましたが、糖が意外に沢山含まれているのでやめました。あと、フルーツは高いんです(笑)

食物繊維は、豆類、穀類、キノコ類に多く含まれいます。食物繊維は腸内環境を整えて、便秘改善が期待できます。つまり、体にたまった毒を排出できるんです。

私は、便秘にはならないので(むしろお腹を壊しやすい)、特に意識して食べていません。

コラーゲンは、主にレバーなどの内臓や動物性のタンパク質に含まれています。コラーゲンは、肌のハリを与える効果があります。私は、レバーは苦手でウナギも高いので、手羽先を食べて取りいれています(笑)

下記の記事に、食生活で詳しく私が取り入れた食材をのせています!

そら
そら
特に、焼き魚を取り入れてるね!

②十分な睡眠と良質な睡眠

夜更かしは美容の大敵と言われるだけあって、美肌を得るためにもおろそかにできないのが睡眠です。肌のターンオーバーが行われるのが睡眠中といわれます。

「肌のゴールデンタイムは午後10時~午前2時」という話を、誰もが聞いたことがあると思います。子供のころに親に「22時までに寝ないと身長のびないよ!」と言われたこともあると思います。

そう!「成長ホルモンが1番分泌される時間帯」だと言われています。でも、仕事をしていると22時に寝るのなんか無理って思いますよね。私もそうです。

そういう人は、毎日必ず同じ時間に寝るのがいいと思います。(しかし、睡眠時間は7~8時間はとってください)

私も以前は寝る時間が決まっておらず、眠くなったら寝るでした。今は、23時に就寝して7時に起床しています。

③石油系界面活性剤やシリコン入りのシャンプーの禁止

シャンプーの界面活性剤は肌にあまりよくないと聞いたことあるかもしれません。

市販の安いシャンプーの多くは、洗浄力の強い石油系界面活性剤を主な洗浄成分として使っています。汚れをとる力が強い反面、頭皮保護する皮脂や髪の油分をとってしまうことがあります。このようなシャンプーにはほとんどでシリコンが含まれています。

つまり、髪を洗い流す際にシャンプーが顔の肌に触れることがよくないんです!

・アミノ酸系シャンプーを使用する

・髪を洗い流す際は、シャンプーが顔にかからないようにする

れもん
れもん
これを実践して、フェイスラインのニキビはなくなったわよね♪

④枕カバーを1週間に2回変える

顔が直接触れる枕は、寝具の中でも最も注意をしなければいけません。顔を触らずとも最も触れるのは、枕です。

枕は汚れないように思えますが、寝ているときの頭皮の脂や寝汗、体温によって適度な温度が保たれるため、実は雑菌が繁殖するトラブルがかなり起きやすい寝具なのです。

私は、週2回必ず枕カバーを交換しています。あと、横向きで寝る人は枕と肌に摩擦が起こり片方の頬だけニキビができませんか?

私も、横向きで寝てましたが、仰向けに寝るように心がけています。しかし、寝相が悪いので途中で横向きになっていることもあります(笑)

⑤鏡で頻繁にニキビをみない

ニキビは精神的な要因が結構な割合を占めているんじゃないかなと思います。

ニキビがあるとつい気になって鏡を頻繁に見てしまいますが、見るのをやめましょう!!

私は、鏡で確認したニキビは必ず大きくなって化膿ニキビまでなっちゃうんですよね、、。そのニキビの事を意識してそれがストレスになっていたのかもです。

鏡をあまり見ないようにすることでニキビがすごい肌を忘れることで、肌に対するストレスがなくなっていました。

そら
そら
これすごい重要だと思う!
れもん
れもん
女性は化粧するから、その時にどうしても鏡はみちゃうのは仕方ないわ♪

まとめ

私は学生の頃からずっとニキビに悩んでました。この5つを意識することで、本当にニキビができない肌になりました。

今回、紹介した改善点で同じニキビに苦しんでいる人の力になれればと思っています!

ニキビケア(本製品)
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です