ニキビ・ニキビ跡・毛穴開き

脱ニキビ肌のための食材 4選!

ニキビのできる原因に、食べ物が一つの要因なのはご存じでしょう。

私は、その食生活を改善することが1つのニキビ克服の要因だと考えています!!

では、どうして食べ物がニキビに繋がるんでしょうか?

ニキビの発生は毛穴の詰まりから始まります。その毛穴の詰まりは皮脂の過剰分泌が主な原因ですが、皮脂の過剰分泌には食事が影響していることもあります。そのため、ニキビの原因を作らないためにも、ニキビに良い食べ物を意識して選ぶことが重要なのです。

今回は、私が実際に行った食べる食材を選ぶことでニキビができなくなった方法を紹介していきます。

そら
そら
1人暮らししてると、なおさらコンビニや外食に頼っちゃうよね!
れもん
れもん
ニキビに良い食べ物って、健康面からもいい食材だからと食べて悪いことはないよ♪

食生活を改善したきっかけ

現在の食生活に変えるまでは、ほぼ外食がメインでした。

「自分のニキビができるのに食事は関係ない。だって、そんな事言ったら脂っこいものや甘いものを食べている人がみんなニキビができるってことじゃん。」と当時は思っていました。

でも、人それぞれ体質が違うってことに気づきました!!

確かに、太りやすい人もいればたくさん食べているのに太らない人やアレルギーだって人によって違います。

なので、自分の中でまずは”自分はニキビができやすい体質だから食生活に気を付けてみよう”と思ったのがきっかけです。

あくまで私個人の意見なのでご了承ください、、、。

しかし、私にとっては、こう思うことで自分の中で食生活を変われたので結果的に良かったと思います。

現在は、毎日自炊しております。今まで本当に全くしてこなかったので試行錯誤しています、、。

あと、朝ご飯は食べません。これは昔からなんですよね(笑)

夕食を作り、その残りを昼食のお弁当に持っていくルーティーンです。

この生活に変えてもう一つ良い事がありました。それは、食費が削減できることです!

外食していた頃は、月45,000円で現在は月28,000くらいになり本当にお財布にとってもありがたかったです。

ニキビにおすすめの食材

ニキビおすすめ食材 4選!!

第1位 トマト

第2位 鮭

第3位 キャベツ

第4位 キノコ類(特に舞茸)

この5品を意識的に取り入れております。

トマト

トマトの働き

トマトの赤い色素には、リコピンが含まれおり強力な抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは肌の活性酸素を除去する作用のことをいいます。活性酸素は皮脂を酸化させて肌細胞を傷つけたり、炎症を悪化させたりしれいるんです。

つまり、その活性酸素除去してくれるリコピンはニキビケアにとってとても重要な仕事をしてくれています。

また、トマトには美白効果もあるので赤みのニキビ跡にも効果的です。

私も赤みを伴うニキビ跡があるため、トマトを積極的に取り入れるように心がけています。

トマトの食べ方

トマトのリコピンは油と一緒に摂取すると吸収率があがるため、私は生トマトであればドレッシングをかけます。その他、コンソメトマトスープにオリーブオイルを少し加えたりして食べたりしています。

トマトをスーパーなどで購入する際には、できるだけ赤みの強いものを選ぶようにしています。赤い方がリコピンが豊富に含まれているためです。

れもん
れもん
トマトって毎日でも食べれるよね♪

焼き魚(鮭)

鮭の働き

鮭のオレンジ色の部分にアスタキサンチンが含まれており、これがトマト同様に活性酸素を除去してくれています。

このアスタキサンチンはビタミンEの1000倍の抗酸化作用をもっているそうです!!

肌に潤いやハリを保つためのコラーゲンがたくさん含まれています。

皮にコラーゲンがたくさんあるため、私は皮ごと食べています。

また、鮭の脂には「オメガ脂肪酸」が多いです。これが、ターンオーバーを促進して毛穴に皮脂がつまらないようにしてくれニキビ予防につながります。

鮭の食べ方

私は、焼き魚として食べています!ぷりぷりで皮はパリパリで大好きです。

逆に、生魚(刺身)では食べていません。

胃腸がもともと弱いので、生魚を食べるとニキビができるので食べてません

そら
そら
すぐお腹が、ピーピーになるくらい弱いんだよね(泣)

キャベツ

キャベツの働き

キャベツはビタミンCの含有量が100g中44mgとたくさん含まれいます。

ビタミンCの効能は抗酸化作用や免疫力の向上などがあります。コラーゲンの生成を助ける効能もあるので美肌にも期待ができます。

また、キャベジンと呼ばれるビタミンUを含んでいます。

キャベジンは、胃を保護してくれる効果があります。胃酸の過剰分泌を抑え、胃の粘膜を修復したり保護したりします。

そら
そら
お腹がすぐ弱いから、本当に嬉しい!

キャベツの食べ方

ビタミンCは熱に弱いため、壊れてしまします。そのため、私は野菜スープで食べる際はスープを最後まで飲む。炒め物は油も一緒に。しかし、一番は生で食べることです。生で食べるとキャベツの栄養をそのまま取り入れられます。

キノコ類(特に舞茸)

舞茸の働き

舞茸には、きのこの中でも1番といわれるほど“ビタミンB2”が豊富に含まれています。

ビタミンB2には、“美容ビタミン”と呼ばれ皮膚や粘膜などを健やかに保ち、肌荒れやニキビを防ぐ働きがあります。

食物繊維が豊富に含まれています。舞茸に含まれている食物繊維は、便秘を解消するサポートや便秘になるのを防いでくれる効果を得ることができます。

肌の潤いを保るトレハロースが含まれている。ニキビの原因も元をたどれば”内部の乾燥”です。

潤った肌は乾燥した肌に比べ外部からの刺激に強く、肌荒れなどの悩みも起きにくいので、肌荒れ予防にもオススメです!

れもん
れもん
トレハロースが含まれているため、乾燥が原因の肌トラブルに効果が期待できるね!

舞茸の食べ方

私は、スープで食べる際はスープを最後まで飲む。炒め物は油も一緒に。加熱によって、栄養素が失われるからです。

キノコ類は水溶性の有効成分が水洗いをする事で流れてしまうので極力水洗いはせずに軽く汚れや気になる部分をふき取るといいです

そら
そら
僕は、お腹が緩いから便秘にはならないんだよね!

いかがでしたか???

最後に一番重要な事は、バランスの良い食生活が理想です。肉・魚・野菜をきちんと3食とることがとても大事です!!

下記には、食生活以外の改善した記事を載せておきます。

では、ご覧いただきありがとうございました~♬

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です