ミニマルな暮らし

会社を辞めたい!その準備のため、生活水準を下げシンプルかつミニマルな暮らしをする

私は、3月末に現在の会社を退職し、転職先の東京で働きます。

転職先は今よりはるかに給料が安いです。

しかし、自分の中でずっと東京で働きたいという夢がありました。

私は、“ミニマリストしぶさんの本「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」”との 出会いのおかげで、生活水準を下げミニマリストの生活を送ることで転職を決意できました!

私は退職に向けて自分の生活水準を下げるために半年前から改善したことがあります。

そこで、今回は、以下のポイントについて紹介していきます。

・シンプルかつミニマルな生活を始めるきっかけ

・生活水準を下げるために改善したこと

ぜひ、この記事を最後まで読んでみてください !

今ある仕事を辞める決意をした時はとても不安でしたが、生活水準を下げて自分の最低限稼がなくてはいけない金額を把握することであなたも転職や仕事を辞める勇気をふみだせるかもしれません!

シンプルかつミニマルな生活を始めるきっかけ

冒頭でお話したのですが、私は3月末に現在の会社を退職します。

退職を切り出すのに何度も躊躇しました。

自分の心の中で「やっぱり、今が安定しているしやめるべきではない!」と本当の気持ちを隠すように言い聞かせていました。

おそらく、こんな経験がある人はたくさんいるのではないでしょうか?

私が退職を決めようと一歩踏み出せたのは、ミニマリストしぶさんの「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 」という本との出会いです。

私はこの本に出会うまで、”ミニマリスト“という言葉を知りませんでした。

しぶさんは月に7万円で生活している。自分が最低限かかるコストを把握しておけば、漠然としたお金の不安はなります。

生活費を月7万円で抑えることができれば、不安が減り、最悪バイトをすれば賄える金額なのです。

ただ、さすがに東京で7万円以下は厳しいかもしれません…

しかし、 生活水準を下げて自分が最低限稼がなくてはいけない金額を把握すると、人は思い切ったチャレンジができるんです!

この言葉を聞きとても納得した自分がいました。

そら
そら
一歩を踏み出すのが怖かったのは、今の仕事が安定してその生活に慣れているからチャレンジすることを恐れていたもんね!

正直、今までそんなに生活費なんで気にしてませんでした。その月の給料分でなんとかやりくりして足りなくなったら貯金くずせばいいや~って感じでした。

しかし、この本を読んで自分の考えが変わり以下のようなことを思いました。

・転職をして給料が今より少なくなるなら、今のうちから生活水準を下げよう

・今の会社を辞めても、生きていける自信がつき一歩踏み出そう

・最低限の金額を知ることで、『どれくらいお金が浮くのかな?』とワクワク感がでてきた

もともと一つのことをストイックにコツコツ継続することが苦ではない私の性格にもあっていたのかもしれません。

生活水準を下げるために改善したこと

実際にこの半年間で、改善したことを話していきます。

物を減らす

まずは、部屋にある不必要なものをゴミに捨てるかメルカリに出品しました。

れもん
れもん
でも、どれが必要で不必要かなんて悩んで捨てれなさそう…

1つの1つの物を自分がどれくらい使っているかで決めることにより、1年間で数回しか使ってないものは不必要と判断する

特に、服が有り余るほどありました。

高い服ほどもったいないから、使用頻度は低いんですよね。「汚れたらどうしよう」と考えて着るのがもったいないんです。

こういう服は新品同様で綺麗だったので、メルカリで高く売れてなんか得した気分になれてよかったです。(笑)

そら
そら
部屋の中の圧迫感が減り、自分の以前の部屋では知らない内に物のストレスを受けていたんだと実感できたね!テレビは捨てれなかったね(笑)

通信費の節約

大手3キャリアに契約していたので、携帯代月10,000円・機種代月3,000円払っていました。

しかし、これを格安SIMのLINEモバイルに変更することで月2,000円に抑えることができるようになりました。

LINEモバイルはプランにより、ギガフリー(ギガ制限がないこと)があるのでとてもいいです。

私の場合は、LINE・Twitter・Facebook・インスタがギガフリーのプランです。

格安SIMを使っても、私の場合は特にデメリットはありませんでした。

職場のお昼休憩で携帯を見て、自宅にはwifiがあるからです。

3大キャリアの時は、月に20ギガまで使えてwifiまで繋いでたのでただのアホでした(笑)

自炊する(昼食は弁当)

私は朝食は昔から食べません。以前までは、昼食と夕食は外食で月45,000円かかっていました。

これを夕食を自炊にして、その残りの次に日の昼食にすることです。

包丁もほとんど握ったことにない、料理なんて一切できない私だったのでめっちゃ苦労しました。

クックパッドを見て試行錯誤する毎日。自炊でもできるだけ食べ物が偏らないように心掛けながら作りました。

でも、このおかげで月25,000~30,000円に抑えることができました。

その他 改善したこと

その他、細かい改善したポイントをまとめました。

改善点
  • お風呂は湯船につからず、シャワーにする
  • コインランドリーで洗濯せず、家の洗濯機で洗う
  • エアコンは使わわず、夏は扇風機・冬はこたつを使う
  • 掃除機を捨て、ロボット掃除機に変えることで時間を有効に使える

最後に

今の会社を辞めることは勇気がいることかもしれません。

しかし、自分の最低限の生活コストを知ることで、お金に対する怖さがなくなり思い切ったチャレンジができると考えています。

自分の一度きりの人生!!悔いのない充実な毎日を送れるように過ごしましょう!!

では、ご覧いただきありがとうございました~♬

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です