ニキビ・ニキビ跡・毛穴開き

ニキビゼロ肌を目指せ!十分な睡眠だけでなく、良質が大切!

ニキビに悩んでいる人なら、ニキビになる原因の一つに睡眠があることはご存じかと思います。

そら
そら
どうせ、しっかり睡眠をとれっていうことでしょ!

確かに、十分に睡眠をとることは重要です。

しかし、”自分は良質だと言える睡眠“をしていますか?

同じように肌で悩んでいる人はたくさんいると思います。

そこで、今回は、以下のポイントについて解説していきます。

睡眠とニキビの関係性・良質な睡眠とは?

私がニキビがなくなった実際に行った良質な睡眠方法

まずは、しっかり睡眠とニキビの関係性を理解して、私がニキビができにくくなった実際に行った良質な睡眠方法をご紹介していきます。

ぜひ、この記事を最後まで読んでください。

この睡眠方法を試して、ニキビの原因の1つである睡眠をなくしニキビゼロ肌を目指しましょう!!

睡眠とニキビの関係性

睡眠とは、ただ体を休めているのではありません。

成長ホルモンなどを分泌しながら新陳代謝を繰り返し 、皮膚や筋肉を修復しています。

睡眠不足や睡眠の質が悪いと、新しい肌が作れません。

そら
そら
なるほど!だから、肌のターンオーバー(肌代謝)が遅れたり、酸化した肌が回復しなくなっちゃうんだね

そうです!なので、顔の肌に以下の色々な症状がでてしまいます。

・肌のハリやツヤがなくなる

・乾燥肌になる

・大人ニキビができる

・毛穴の開きや黒ずみが目立つ

れもん
れもん
睡眠はとても大きな影響をあたえてるのがわかるね♪

成長ホルモン

肌のターンオーバーを促しているのは脳下垂体から分泌される「成長ホルモン」 と言われるホルモンです。

この成長ホルモンが1番分泌されるのは睡眠中です。

肌の老廃物を取り除いたり、表皮のターンオーバーを正常化する働きがあります。

成長ホルモンの分泌が低下すると、肌のターンオーバーのサイクルが乱れます。

レム睡眠とノンレム睡眠

まずは、浅い睡眠「レム睡眠」と深い睡眠「ノンレム睡眠」を理解しましょう!

レム睡眠

脳は覚醒状態にあり、夢を見るのはこの時が多い

起きる前には浅めで短いレム睡眠が多い

ノンレム睡眠

成長ホルモンの分泌はこのときに行われている

始めはノンレム睡眠がより深く長く出現する

この「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」は1回1時間半くらいで4~5回繰り返していきます。

そら
そら
睡眠のリズムを考えると7~8時間がベストなのかな?
れもん
れもん
じゃあ、睡眠時間が人によって短長あるけどそこはどうなのかな…

4~6時間睡眠:レム睡眠が短く、ノンレム睡眠が長いため、夢を見ずに深く眠っている

9時間以上睡眠: 寝つきが悪いため深い眠りがつくまで時間がかかり、浅い睡眠を繰り返す

つまり、睡眠が短くても長くてもいけないということです!!

1回の睡眠は8時間程度にしましょう

良質な睡眠を取ることが大切!

私たちの脳は「覚醒モード」と「睡眠モード」の2つがあります。

休日にゴロゴロしてて、逆に疲れた経験をしたことはありませんか?

これはいつもと違う生活リズムが原因のためです!

つまり、良質な睡眠は体が慣れているいつものリズムで生活することが重要なんです。

さらに、食事と運動も良質な睡眠をとる上でかかせない要素の1つになります。

規則正しい食事や軽い運動も生活リズムを整えることができます。

良質を睡眠をとる上で重要なこと

・毎日同じ時間に寝て、起きて生活する

・規則正しい栄養バランスのいい食事

・軽いウォーキングなどの運動

この他にも睡眠の質をよくする方法はたくさんあります。

次にお話する私が行った睡眠方法で他も紹介していきます!

実際に行った良質な睡眠方法

睡眠の質を意識することで、いい肌に導いてくれるのは間違いないです。

  1. 日中に軽い運動をする
  2. 睡眠時間は7~8時間を毎日決まった時間に寝る
  3. 就寝2~3時間前に食事は済ませる
  4. 自分に合った寝具を使う
  5. お風呂では音楽を流し、リラックスする

日中に軽い運動をする

大人ニキビに効果的な運動は20~30分ほどの軽い汗をかく程度の有酸素運動です。

私も仕事が終わってから、20分弱軽いウォーキングを毎日しています。また、1週間に1回自宅で筋トレもしています。

しかし、無理するのは禁物です!ストレスを溜めないように!

睡眠時間は7~8時間を毎日決まった時間に寝る

成長ホルモンが肌を修復してくれる、7~8時間です。睡眠時間の短長も悪い影響を与えるのでこの時間がベストです。

また、23~23時半までには就寝して6~7時に起きるようにしています。

飲み会や予定などでこの時間に寝れない時は仕方ありません。しかし、こういった場合次の日は大抵きつくなるので、次の日は早めに寝て疲労感を溜めないようにしています。

就寝2~3時間前に食事は済ませる

胃が消化活動している状態で寝ると、脳が興奮状態であり浅い眠りになってしまいます。

そら
そら
ただ、仕事してたら寝る前に食事になっちゃったりもすることもあるよ…

そんな場合は、できるだけ消化の良いうどん・雑炊などを食べるように心掛けています!

自分に合った寝具を使う

寝具の性能で、最も大切なのは寝姿勢を正しく保つことです。

その中でも枕ってとても重要なんです。

寝つきが悪かったり、浅い眠りの原因になるのです。

ちなみに、私は”Blue Blood 3D GEL PILLOWの低反発枕”を使っています。

この枕は、柔軟性と復元力を併せ持った新素材のため使う方に合わせて素早く沈み適切な高さでしっかり支えてくれるのが魅力的です。

お風呂で音楽を流し、リラックスする

お風呂は1番のリラックスできる場所です。

さらに、音楽を流すことで副交感神経を優位にしてリラックスした状態で眠りにつくことができ睡眠の質の向上につながります。

音楽スピーカーは“Qtop bluetooth スピーカー”を使っています。とてもコンパクトかつ防水性もあります。

私の場合は湯船には浸かってないです。理由は、乾燥混合肌+節約のためです。

しかし、湯船に浸かることでよりリラックスできて体の疲れが取れます。

睡眠とニキビの関係性+良質な睡眠 まとめ

いかがでしたか?

睡眠時間をしっかりとることは肌を綺麗にするために大切です。

さらに、ニキビと睡眠の関係性を理解して質の高い良質な睡眠を意識してニキビゼロの肌を目指しましょう!!

私は現在、ニキビ跡に悩まされています。

ニキビ跡の治療に関する記事も書いているのでぜひ読んでください!

では、ご覧いただきありがとうございました~♬

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です